無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
とりとめのない雑記
毎年、この時期になると一年は本当に早いものだなぁと思ってしまう。11月は自分が一つ年を経る月でもあるし、来月は師走でその慌ただしさの只中に入っていくからかもしれない。


4月から通い始めた鍼灸あんまマッサージ指圧師の専門学校も、先日やっと前期の成績表をもらった。及第点には届いたかなぁと自分なりに納得。ただ、平均点に満たなかったお灸は苦手意識があり、自宅の台所の換気扇の下で日々練習。


クラスメイトにサッカー経験者が多く、学校でチームを作り試合に出ている。自分はサッカー経験者でもなく観るのが好きなくらいだが、先日、試合の当日に選手のドタキャンが出て急に「来れませんか?」とオファーがくる。25分ハーフの試合に右サイドバックで前半5分から出る。2対2の同点で迎えた後半10分あたりに自分の自陣ゴール前のファールで相手にフリーキックを与えてしまいそのまま直接ゴールを決められ、その得点が決勝点となる手痛い負けを喫してしまった。

サッカーに関してはど素人なので球に絡まず時間が過ぎることを望んでいたのは確かだが、そんな逃げ腰な気持ちと練習もせず経験もないのに偉そうに勝ち負けを悔しがる自分自身に正直嫌気が差した。

なので、昨日クラスメイトTさん(清水商で小野伸二と同期)が練習に付き合ってくれたので(次戦28日)付け焼き刃かもしれないが色々基礎を教えてもらった。Tさん、ありがとうございます。


今年は、ラフティングのレースにリバベンと長良川WWFに出た。どちらも当日に初合わせのチーム。負けた相手は能力が高いチームというのもあるが、それよりチーム練習が多いチームに勝てなかった。今年、どういうスタンスでレースに臨むのか?ということに対して自分の気持ちが浅はかだったと思う。レースを楽しむのか?結果、勝負にこだわるのか?やって負けるのもやらなくて負けるのもどちらも負けは負けなのかもしれない。やらなくて負けて悔しいのは悔しいという問題ではないと思う。やってないのだから。そして、練習、試合の過程で人間として成長できる。練習量は裏切らない。妥協したらそれだけの結果。練習でベストを尽くそう。そして、レースでベストを尽くそう。

ただ、共に漕いでくれた若者達には感謝。ありがとう。

日々精進


以上、とりとめのない雑記でした。



ありがとうございます。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2010/11/22 7:15 PM posted by: ほ
お灸バッチコーイ!!
2010/11/23 12:35 AM posted by: tomi
>ほっさん
バッチいったら、ぼっといきまっせ。

name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tomiluppa.jugem.jp/trackback/45