無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ご報告
 更新が滞ってしまいました。すみません。

このブログをご覧の方は、ほとんどの方がご存知だと思いますが、ラフティング日本男子チームテイケイの世界大会総合成績は、準優勝でした。前回大会の3位を上回る結果でしたが、連覇を果たしたブラジルの上を行くことは叶いませんでした。

銀メダル

しかし、2種目を終わった時点で総合6位から最終種目のスラロームでの優勝。

まさに神がかっていました。

全てを出し尽くしました。

信じていたものが確信に変わりました。

世界一は叶いませんでしたが、最後まで諦めない姿勢、そして、己を信じ仲間を信じるという気持ちが最後のスラローム種目での優勝、そして、そして総合準優勝という結果を引き寄せたのだと思います。

そして、女子はカナダが初優勝しました。
日本女子のリバーフェイスも準優勝を果たし、世界に「日本のラフティングあり」というところ存分に魅せられたと思います。

僕は、男子と女子のこの結果からも日本のラフティングのレベルが世界一だと思っています。

山神様と国旗





さて、世界大会からは早一ヶ月が経ったのですが、今回の「ご報告」というタイトルは世界大会のご報告だけではありません。



先日の報告会でもお伝えしていてご存知の方も多いと思いますが、私、富田寛之は今月一杯を持ちましてチームテイケイを卒業いたします。

チームに入った当初、ラフティングやパドリングの経験がほとんどない僕が5年2ヶ月という長きに渡りチームテイケイというプロスポーツチームでここまでやれたのも支えてくださった皆様のお陰です。


本当にありがとうございます。


右も左も分からないところからチームのみんなで作り上げてきたものは今や世界のトップクラスになりました。チームメイトは、本当に「家族」のような存在で人生の中でもとてつもなく濃い時間を一緒に共にした仲間です。シゲさん、拓也、ヤクさん、大吾さん、ヤスくん、ほっしゃん、達也に感謝の気持ちで一杯です。

僕がチームにいる間には「世界一」を達成することはできませんでしたが、残るメンバーや新しく入るメンバーが必ず叶えてくれると信じています。

個人的にはポジションも移り変わり、怪我をしたり、最後はみんなを支える立場になったり、そういったこともすべてプラスに変えられて人間として大きく成長できました。チームの中での自分の役回りは人生においても貴重な経験でした。

今後の僕は、鍼灸とマッサージの学校に進学し体のケアの勉強をして、ラフティングがオリンピック種目になった暁にはコーチやスポーツトレーナーとして代表チームの支えになれるような存在になりたいと思っています。そして、ラフティングの楽しさをもっと知ってもらえるように、自分がチームテイケイで学び、培った経験を沢山の方々伝えていければと思っています。



今後ともチームテイケイ、そして、私、富田寛之をよろしくお願いします。


ありがとうございます。











| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | ラフティング | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2009/09/03 6:11 PM posted by: iki
こんにちわ!先日吉野川でお世話になったイタリアの母です。あのtommyさんですよね!
2日前イタリアに戻りました。
楽しかった夏休みを思い出しつつ、教えていただいたテイケイを探っているうちに、こちらへたどり着いたしだいです。
日本にレースラフティングという競技があることすら知りませんでしたが、海外ではかなり活発のようですね。
遅ればせながら世界選手権でのご活躍おめでとうございます!!
ご自身は引退されるようですが、これからも選手育成のために力を尽くされるんですね。
どうぞがんばってください。このスポーツが日本でもっと知られるといいですね。
今回はやんちゃヒデトさんのおかげで、去年よりさらにパワーアップ。娘たちは大喜びでしたが、私は年のせいかちょっとつかれたんですよ〜(情けないことに)
でもまた来年もきっと吉野川に行ってしまうでしょう。自然の中で遊ぶのは本当に心が洗われます。
その時はまたお会いできるといいですね。
それではお体に気をつけて。
いき
2010/11/05 7:07 PM posted by: tomi
ikiさん、ありがとうございます。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tomiluppa.jugem.jp/trackback/39