スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
ボスニアレポートその1
 皆さん、お元気ですか?
 ボスニアはからの更新です。

 チームテイケイ、皆元気です。調整も順調です。

  5月5日にサラエボに到着し、5月6日にダウンリバー競技をするTARA川のあるFOCAという町に11日まで滞在していました。今はメイン会場でスプリント競技とスラローム競技が行われるBANJA LUKAという街にいます。

 11日にBANJA LUKAに来てようやくネットが繋がるところにいれることと、同部屋のヤクさんにP.Cを貸していただいての更新となりました。(ヤクさん、ありがとうございます。)

 ダウンリバーの行われるTARA川は、ボスニアとモンテネグロの国境を流れ、手付かずの自然が残り、野生の狼も生息する素晴らしい場所です。戦争のイメージが強いボスニアですが、この場所に関してはそんなマイナスイメージが全く無くなり、大自然から多くのエネルギーを沢山貰えます。
 一週間ほど、ネットも繋がらない環境にいたことで情報の必要性も感じました。普段の生活の中でも不必要な情報に引っ張られて素直な思考ができなくなっていることもあるのだろうなと思いました。(豚インフルエンザもボスニアの人達には無縁のような感じもしました。)

 TARA川の写真を2つほど。

  TARA川のゴール前の2枚(国境の橋からです。) TARAと合流する川。すごいきれいです。


最高の仲間と最高の時間を
HVALA(ありがとう)
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | ラフティング | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tomiluppa.jugem.jp/trackback/37