スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
合同合宿
先週から昨日まで、ラフティングの女子日本代表の「RIVER FACE」http://blog.goo.ne.jp/race-raftingが御岳と僕らチームテイケイの練習場所である平塚で合宿を行いました。世界大会での表彰台を目指す彼女達。前を漕ぐ二人は海外勢にも引けをとらない迫力があります。四国の吉野川をベースとするリバーガイドが中心で、普段は全員での練習時間が取りにくい環境の中で早朝からの練習や休日返上の練習で力を付けてきました。昨年の長良川のワールドカップでは世界チャンピオンのチェコの女子代表チーム押さえ総合優勝。チェコ女子は、本調子ではなかったもののスプリントのHEAD2HEADは圧巻でした。ダウンリバーでも前の組の男子チームを抜くなど、フィジカルの強さは男子顔負けです。ただ、長良のワールドカップでも2位だったスラロームが苦手種目で、今回の合宿でも強化ポイントでした。

昨日の午後のダウンリバー練では、少し距離のハンデをつけてインターバル漕をしたのですが、さすがはダウンリバーを得意種目としているだけあって僕らチームテイケイも追いついても最後まで抜かすことはできませんでした。昨日は、彼女達の方が「負けたくない」「勝ちたい」という気持ちが勝っていました。僕らのほうが一つになりきれていませんでした。どれだけフィジカルが強くても、やはりメンタルが伴っていないといけません。今回は、リバーフェイスが改めてそれを気付かせてくれました。

WBCの日本の連覇の後だっただけに日本の強みである「一つになる」というところをもっと磨かないといけないなと思いました。

同じ日の丸を背負う日本代表として切磋琢磨して原監督が言っていた「日本力」を世界に見せたいと思います。

↓は一昨日の合宿所での鍋の写真です。
チームテイケイの鍋隊長ヤスくん、いつも美味しい鍋をありがとう!
この特大鍋がすぐになくなりました。
F1000339.jpg

F1000340.jpg
↑意識して撮ったわけではないのですが、後ろの日の丸がいいですね。

リバーフェイス、注目です。

ありがとうございます。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | ラフティング | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tomiluppa.jugem.jp/trackback/33