スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
←prev entry Top next entry→
一般参賀
20090102110113.jpg
1月2日に恒例になっている皇居の一般参賀に行ってきました。
日比谷公園に集合して、今年は2回目の回に行かせていただきました。
天皇陛下をはじめとする皇族方が宮殿のベランダに一堂に会されて、陛下のお言葉を直にお聞きすることで日本人として晴れやかな気分になりました。

僕自身、偏った思想を持っているつもりはありませんが、世界で日の丸を背負うという上では日本という国の誇り・・・「愛国心」というものは少なからず持っていなくてはいけないのではないかと思います。歴史的に見ても天皇は、時に権力者となり、時に政治的に利用されましたが、長い武家社会の中でもその存在があり続けたように、今、憲法上で「象徴」となりえても、日本人というのはどこかで天皇を敬う存在であり続けているのだと思います。それは無意識の中でかもしれません。

陛下も、お言葉の中で今の厳しい経済状況を案じておられました。
日本人としての誇りを胸に世界一になるぞ!と再び強く思った瞬間でした。

| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://tomiluppa.jugem.jp/trackback/18