スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
低気圧
STIL0017.jpg
今日の天気図を見ると等圧線の間隔が狭くなって、阪神タイガースのユニフォームみたいに縦縞になっています。北日本、北陸の各地で大雪のようですね。雪もすごいがこんな天気図は風も強いらしいです。

皆さん、お気を付けください。


もうすぐ冬季五輪が始まるバンクーバーは雪不足とのこと。

いやはや、やはり自然に対しては畏敬の念とその恩恵に感謝ですな。

ありがとうございます。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
寒中お見舞い申し上げます。
F1000630.jpg
年も明けて一ヶ月も経とうかというところですが、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

このブログも半年ぶりの更新で、今年も気まぐれな更新になりそうな予感ですが、そのところご容赦頂いてお付き合いください。

自分としては、また新たな展開となっていく年となりますが
「継続は力なり」
というテーマの元、コツコツと日々積み重ねてこれからの地盤を作っていこうと思います。


そして、これからもアウトフィッターとして海山川から元気をもらって生きていきます。

写真は、白馬です。
いや〜北アルプスは素晴らしい!!この雄大な山稜に感動です。

漫画「岳」の三歩の気持ちが少しだけ分かった気がしました。

ありがとうございます。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
イチロー 不調を支えたチームメイト

WBC後初めてのイチロー選手の単独インタビュー。

チームメイトの大吾さんに
「すごい、ええインタビューやから見たほうがええよ」と言われ、見ました。
大吾さん、ありがとうございます。

↑は20分くらいのインタビューの後半部分なのですが、正直、自分も泣いてしまいました。

心の内を吐露したイチロー選手。
「覚悟」

「結果が出ていない時にどうであるべきか。どういなくてはいけないか。」
結果が出ない時のチームメイトに対しての姿勢が、最後の結果を呼んだのでしょう。

野手のみんながストッキングを上げるスタイル。イチロー選手への無言のエール。支え。
自分のことのように嬉しそうに喜ぶ選手達
川崎選手のメール。
ほんと、いい話っす。

いいチームっす。

皆がベストな状態であれば言うことがないが、チームでは、調子がいい人がいれば悪い人ももいる。一人一人がベストを尽くしそれでもスランプを脱することができない時、チームメイトの支え合う姿勢というのがとても大事になってくるんでしょうね。

「そこに至るまでの自分の在り方」

僕も勝つこと以上にチームに対しての自分の在り方を考えて世界大会までの残りの一ヶ月半を過ごしたいと思います。

イチロー選手、ありがとうございます。

| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
WBC日本連覇!!感動をありがとう!!!
F1000338.jpg

24日のWBC決勝は、合宿所にチームで集まり応援しました。

前回大会も決勝をみんなで見とどけ練習に向かったのですが、その時は練習がトレイルランで、みんなすごい勢いで上り坂を上がっていったのを覚えています。あの時も世界で闘う自信、そして勇気をもらいましたが、今回の侍ジャパンは前回とは比べものにならないプレッシャーの中で闘う姿勢に自分達もラフティング日本代表で「世界一」を目指すものとして沢山の感じることや学ぶものがあると思い、重ね合わせて見ていました。

今大会5度目の対戦の韓国との決勝は、言うまでもなく壮絶な試合で球史に残る一戦でした。

TKY200903240233.jpg

イチロー選手が延長10回のタイムリーを打つ前にファールで粘っている時、僕は見えましたねー。センター返しの映像が。ホントっすよ!!プロ野球やメジャーの試合でも「あっ、このバッター何か打ちそう。」って思う時ないですか?妙にインスピレーションみたいなものをこの打席のイチロー選手に強く感じましたね。イチロー選手が言う「神が降りた」瞬間が見えたのかもしれません。何か不思議な感覚でした。

WBC川崎

個人的に見習いたいなと思ったのが、↑の川崎宗則選手。
「ベンチで全ての試合に出てました。」と言うコメント。

自分もチームでは、サブ。控えです。
でも、この川崎選手の言うようにグランドに出ていなくてもベンチで大きな声を出して選手を応援する。試合に出ることがあれば、代走でもおもいっきり走る。

準決勝のアメリカ戦の活躍は素晴らしかったですね。ベンチでの姿勢がグランドでも結果として出て本当によかったと思います。

川崎選手は、ベンチで応援している時も常にグラブを持っていたのが印象的でした。
自分も「FOR THE TEAM」。チームでの自分に与えられた役割、できることを全うすることを常に考えていきたいと思います。

APX200903240008.jpg

侍ジャパン、感動を、そして世界で闘う勇気をありがとうございます。

僕らも世界一になり、「侍」になります。

ありがとうございます。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
千葉県知事杯後・・・迷い犬
F1000308.jpg
三連休の中日行ってきました。
千葉県知事杯詳しくは、チーム日記見てください。↓
http://apricot.candybox.to/raftingteikei/tackynote/tackynote.cgi?action=view&year=2009&month=01&day=12&no=1572#1
F1000309.jpg

で、ブログで書きたいのは、その後の話。
首都高湾岸走って、横浜新道、一国と、まぁそれなりに混むところも通って平塚に帰って来たわけなんですが、合宿所のほんの少し手前で「ワン!ワン!ワン!」「フゥー!!」「何や?」とふと見ると茶色い犬が野良猫を追い回している。それが、↑奴です。首輪をしていてどーも飼い犬らしい。猫や散歩中の他の犬にはモーレツに反応するものの、人前ではまぁまぁおとなしい。でも、合宿所の近辺をよく散歩している犬ではなさそうだ。とりあえず、片付けをしながらもヤスくんが犬に縄をつけて電信棒に確保!片付けがひと段落すると、ヤスくんは犬蔵(仮名)と飼い主求めて三千里・・・。ついでに達也も付いて行く。

僕は犬蔵(仮名)を見送り、車の掃除をして、カヤックキャリアのねじが無くなったので、オートバックスにチャリを走らせてるとヤスくんと達也が歩いてる。見るとヤスくんの手には犬蔵(仮名)の姿はなく「飼い主、見つかったの?」と聞くと、「交番に行ってきました。こういうケースは保健所じゃなくて、とりあえず交番みたいです。交番だと飼い主が見つからなくても動物愛護センターに保護してもらうそうです。」・・・っとこんな感じです。犬蔵(仮名)も飼い主が見つかるといいのになぁー。

我が、チームメイトながら、
ヤスくんと達也の動物愛護の精神に敬意を表します。

P.S あいつが合宿所の前のウ○コの主だったら、ホント恩を仇っすね。(爆)

ありがとうございます。




| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一般参賀
20090102110113.jpg
1月2日に恒例になっている皇居の一般参賀に行ってきました。
日比谷公園に集合して、今年は2回目の回に行かせていただきました。
天皇陛下をはじめとする皇族方が宮殿のベランダに一堂に会されて、陛下のお言葉を直にお聞きすることで日本人として晴れやかな気分になりました。

僕自身、偏った思想を持っているつもりはありませんが、世界で日の丸を背負うという上では日本という国の誇り・・・「愛国心」というものは少なからず持っていなくてはいけないのではないかと思います。歴史的に見ても天皇は、時に権力者となり、時に政治的に利用されましたが、長い武家社会の中でもその存在があり続けたように、今、憲法上で「象徴」となりえても、日本人というのはどこかで天皇を敬う存在であり続けているのだと思います。それは無意識の中でかもしれません。

陛下も、お言葉の中で今の厳しい経済状況を案じておられました。
日本人としての誇りを胸に世界一になるぞ!と再び強く思った瞬間でした。

| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
謹賀新年
20090101065257.jpg
あけまして、おめでとうございます。

旧年中は、お世話になりました。

今日は初漕ぎでラフトボートを出し、海で初日の出に今年のラフティング世界大会での世界一を祈願してきました。

チームのシーズンは始動しているので、今年の目標はすでにあるので、チームに対しては、

・ラフティングのユーティリティープレイヤーになる。(スパーサブとして左右、前、中、後どのポジションでも漕げるようになる)
・気付く、伝える(サポートとして外から見る役割もあるので皆が求めているボートの動きや漕ぎのフォーム、練習内容などのチーム状態から合宿所やチーム車両の状態まで細かく気付いて行動し、皆に伝える)
・気持ち良く練習ができる環境を常に心がける。

です。
常にFOR THE TEAMを心がけます。

個人的には
・健康第一
・時間を大切に使う。
・気持ち良く挨拶をする。
・面倒くさがらない。

でいこうと思います。


世界一になるべく、がんばっていきます。

今年もよろしくお願いいたします。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今年を振り返る
20081231083506.jpg
皆さんは、どんな一年でしたか?

1月、怪我からの初漕ぎ。
   ワールドウイング合宿

2月、トライアスロンチーム合同合宿
   ラフト、チーム練習合流

3月、湘南マラソン完走(30km2時間29分08秒、1km5分ペース目標達成!)

4月、ジャパンカップ第一戦@御岳出場(シーズン前半は右真ん中のポジションをヤスくんと交代で)、優勝

5月、初吉野川。ハイウォーターをカヤックで下る。ジャパンカップ第二戦@吉野川(サブ、サポート)、優勝


6月、ヨーロッパ遠征
ユーロカップスロバキア3位
プレ世界大会@ボスニア準優勝

テイケイ体験会@みなかみ(ホタルがキレイでした。常務が竜ヶ瀬で!)

7月、個人艇(ダッキー)測定。(この測定でポジションが決まり、この結果自分はサブメンバーとなる。)
   スラロームの練習の担当になる(現在も引き続き)。

8月、ジャパンカップ第三戦@前川(サブ、サポート)、優勝
  北京オリンピック。(北嶋二冠、スラロームカヌー竹下百合子ちゃん4位入賞。ソフトの金も感動)

9月、ジャパンカップ第四戦@天竜川(ワールドッカップ出場チーム決定)

10月、ワールドカップ@長良川大会総合優勝
(三種目オール1位)
   西日本一人旅(〜11月7日まで、)
11月、ワールドウイング合宿
   31歳になる。
   シーズン 始め

12月、大掃除
忘年会


もう、年が明けるのに時間がないのでざっと書きましたが、今年も色んな人に支えられた感謝の一年でした。


来年は、ラフティング世界一になります。

ありがとうございます。

よいお年を!!
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いかん、いかん・・・。
 いや〜全然更新してませんでした。あいすみません。
 書きたいことは山とあるのに逆に山とある為に書けなくなり・・・。
言い訳ですな!
 5、6月のことは、また書く気になったら書かしてください。書きたいことはあるんです。
 
 気付けば、梅雨もそろそろ明けようかという感じですね。今日も暑かった。
 
 ちょっと、小言を。
 昼休憩中にテレビ神奈川で高校野球の県予選がやっていたので観てました。Y高(横浜商)と山手学院の試合だったんですが、Y高のレフトの子が、バックホームの返球の時に足がつったらしくグラウンドの中でもんどりうって倒れていました。高校球児は、暑さとも戦わなければいけないので大変ですね。まだ、僕らは水の近くで練習しているだけ、ましなのかもしれません。熱中症も他人事ではないので気を付けないとですね。
 自分の熱中症対策は、濡れタオルを頭に巻くこと。びしょびしょに濡らしたウエアーを着ること。水分をこまめに摂ること。・・・くらいですかね。あくまで、これは平塚バージョンで御岳練の時とかは川に飛び込みますが。

 皆様も熱中症には気を付けてくださいねー!!
 

 
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
湘南国際マラソン(長文)
 えー私、3月16日に行われました湘南国際マラソンに出場いたしました。

 目的は、昨年11月の肩の脱臼以来しばらくパドリングができずラン主体の練習だったのでチームに対し形を残す集大成として、大磯ー辻堂間往復という平塚在住の自分には比較的参加しやすい大会だったのでエントリーした次第です。

 先日の東京マラソンの3万人には劣りますが、湘南国際マラソンも1万4千人が参加するマラソンでボランティアの方や警備の方も含め電車やバスは相当混みそうだったので、スタートの大磯ロングビーチまではチャリンコで行きました。
 案の定、歩道はすごい人。道路の交通整理には自分達のチームのスポンサーである「テイケイ」の方々も大勢いらっしゃいました。有難うございます。

 今回のマラソンは、ゲストランナーにアトランタ、シドニーとオリンピックのマラソンのメダリストであるケニアのワイナイナ選手や東国原宮崎県知事、2006年ミス・ユニバース準グランプリの知花くららさん、スターターに欽ちゃん、応援団長に徳光さん、丸山弁護士と有名人も結構来てました。

 スタートは目標時間ごとにブロックが区切られ、自分は目標タイムが1km5分ペースの2時間30分を切るのを目標にしていましたが、ちょっと欲を出して2時間〜2時間半のところに陣取りました。すると、自分の近くにたまたま知り合いの湘南アウトリガーカヌークラブのG田くんと会い、話していると茅ヶ崎アウトリガーカヌークラブ(COCC)の人達も集まってきました。そう、今回は自分もCOCCでエントリーしてたんです。(とは言うもののウェアーもクラブのTシャツでもなく、そんなにクラブの人達とも絡みが少なくてすんません・・・。)スタートまでの10分くらいは気の知れた人達とリラックスした雰囲気でよかったです。

 そして、いざ!!スタートの号砲!!しっかし、人!人!人!でほとんどスタートしてからは歩いてました。スタート台には、欽ちゃんがいて手を振ってました。「欽ちゃん、行ってくるよー!」と手を振り返す。スタートしてからはCOCCのヤングマン、たまちゃんとタクが遅い人をどんどんパスして前へ前へと行くので自分もそれにつられて彼らについて行きました。スタートしてしばらくは、普段は自動車専用道路の西湘バイパスを走る。右手に海を臨み心地よい南風をうけて、なだらかな下りを(復路はそう感じなかったが・・・。)人を掻き分け走る。 
 東国原知事は花水川の橋の上で追いつきその時はランナーの人に握手を求められたり、沿道の人に手を振っていました。しっかし、東京マラソンにも出ていてそれほど日にちも経ってないのにまた走るってすごいっす!ちょっと、ただもんじゃないっす。

 そして、意外と早くに折り返し。折り返しの辻堂海浜公園前のタイムは、1時間10分を切る好ペース。しかし、16km過ぎから急に体が思うように動かない。折り返し手前で抜かしたたまちゃんにも再び抜かれ、それまで自分のペースメーカーにしていた人ともどんどん差が広がる。20kmくらいでは、完全にエネルギーがエンプティー・・・。「ハンガーノック」って奴です。沿道でチョコレートを差し出すおじさんに糖質補給させていただく。(わしづかみでした・・・。いやー思うとあれで相当持ち直しました。おじさん、ありがとう!)天気も春の陽気で気温も3月にしては非常に高く、水分補給もかなりコンスタントにしました。

 ゴール前5kmになると足はガクガク、両足の小指にはまめができてるし、後は本当に気力でした。相当、気持ちも体もめげそうになっていた時に盲目の女性の方がサーっと自分を抜かしていきました。自分の母親くらいの女性にもサーっと抜かされ、孫ほど年が違うおじいさんにもサーっと抜かされた時、自分の中の気持ちのスイッチがバチン!!と入り直しました。あきらかに自分よりもペースの速かったそのおじいさんになんとか食らい付きました。26kmを過ぎると西湘バイパスの上り坂になり、スタート直後の往路では心地よく走っていたその坂も復路では過酷さを極めました。ふくらはぎは、もう肉離れでもしているんじゃないかというくらいでした。ゴール2km前くらいでは東国原知事に抜かれました。でも、ゴールはあと少し!!バイパスから側道に入ったところで沿道のおじさんが「最後は気持ちだよー!!」と叫んでいる声がなぜか耳に入りました。時計を見ると2時間25分くらい。あとは、FINISHラインまでの急な坂だけ。・・・これがキツイ・・・。そして、そして

2時間29分03秒(自分の時計の計測)でゴーーーーーーール!!!!!
20080316130442.jpg

ギリギリだけど目標達成!!いやー感動です。


チームのみんなは長く辛い冬のトレーニングから春を迎えても自分の中では終わってなかった。ゴールした時に気持ちの中でもやっとみんなと同じ所に戻れたような気がしました。そして、マラソンに関しては、年齢、性別、体のハンデなども関係なく自分よりも速い人がたくさんいて自分自身、心も体もまだまだ強くなれるし、強くならなくてはなぁと思いました。

いやーいい経験しました。ありがとうございます。
| 富田 寛之(Tomida Hiroyuki) | なんでも | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |